派遣社員でよくある困り事について

派遣社員という雇用形態で採用する企業も増えてきました。

それに伴って派遣会社も増えており需要がた余れば高まるほどにこの二つの会社が活性化されているのが現状です。

派遣社員という雇用スタイル、実は働く上で困ることもあります。

これから働こうかと考えている人は事前に、どのようなことで困るのか知っておくことで、それを回避したりトラブルに対処する力を持つことができるでしょう。

派遣の契約内容でのトラブルがありがち

派遣として働く中で一番困った事例として多いのが契約内容です。

派遣会社と契約を交わしていると思いますが、その契約内容が実際働く会社へ行ってみると板挟みになってしまうことがあるのです。

例えば残業はしないと契約をしていたけれど、実際働き出してみると残業しないで帰れる雰囲気ではなかったとか、専門的な技術を持っているのでそれを活かして働こうと思っていたのに、それもできなかったということはよくあることです。

派遣のメリットに魅力を感じて派遣という働き方を選んだのにも関わらず、実際働く企業では契約にないことも頼まれたり、しなければいけないことになり、それを断るにはストレスが強くかかってしまうということもあるのです。

派遣なのでと、断れば、働く会社での雰囲気や人間関係にも影響を与えるために困るというケースが多いでしょう。

派遣で回避させるためには伝え方が重要

働きやすく派遣でも居心地が良いようにするためには実は伝え方が重要です。

細かいことと思って軽視する人もいるのですが、意外と伝え方というのは大事なことなのです。

同じ事を伝える場合でも伝え方を変えればそれだけでかなり相手の受け取り方も変わるということがあります。

一番よくあるのが残業をしない契約なのに、残業しなければいけなくなったというケース。

この時ストレートに「契約で残業しないこといなっています」と断ると相手の印象は悪くなります。

そうではなくて、今の契約では残業ができない契約になっているので相談してから答えると伝えれば、残業できる可能性が残されているという印象を与えることができますし、本当に残業ができないなら、その理由を伝えれば理解してもらえるでしょう。

派遣で契約で決まっているから絶対残業しない、残業しなくていい権利を持っているのだと威張って言うのは間違いです。

派遣社員でなにか板挟みになりそうな時は

働き始めてみるといろいろと見えてくるものです。

そして何か板挟みになりそうだと思ったときは一人で対処せずに派遣元に相談してみるのも画策です。

一人で悩んでいたり、働いている先の上司に伝えるのもいいのですが、伝えたところでその悩みは解消されるのか、この悩みについては、どこへ相談するのがベストなのか、それを理解した上で的確な場所への相談が大事でしょう。

間違った場所に相談をしてしまうと、あとでさらにトラブルが大きくなることもありますので、正しい場所への相談が一番ではないでしょうか。