派遣社員はなぜ給料が高く設定されているのか

派遣社員というスタイルで働きたいと希望する人が増えています。

正社員で採用してもらえないからという理由だけでなく、魅力がそこにはあるからあえて選ぶ人が増えているのです。

派遣社員という雇用形態は、アルバイトやパート、契約社員と比べると実は時給や給料がとても高いケースがあります。

場合によっては正社員と比べても時給換算するととても高いと思えることもありますがなぜなのでしょうか。

なぜ給料が高めに設定されているのか

なぜ派遣というスタイルで働いたほうが給料が高めに設定されているのでしょうか。

その理由は教育面でのコストが一切かからないからです。

日本では会社に入職すれば、教育を受けてもらいその会社の社員としてふさわしいスキルや能力を身につけてもらうためにコストをかけて教育をするという傾向にあります。

そのために大学や高校を卒業してすぐに20代の頃は、まだ仕事は一人前にできるということはないと前提されていて、ここから数年間教育にコストをかけて企業が一人の社会人として独り立ちできるように育てていくという傾向にあるのです。

そのために教育にはコストがかかります。

教育にコストがかかるということは、逆にその教育を受ける社員の給料は下がります。

そのため入社してしばらくのあいだは給料が安いのは、自分に係る教育コストが別のところで発生しているからだと思うといいでしょう。

30代になれば給料は高いまま維持できる

そして教育をコストをかけて受けてきた若い社員たちはだんだん慣れてきて社会人として一人前になります。

そして30代にもなれば、独り立ちできるはずです。

独り立ちできた社員はここではじめて会社のために働き始めることができますので、そこでやっと給料が上がるという仕組みなのです。

年功序列で日本では給料が上がっているのですが、こういった会社に入ってから教育を受けて一人前になるという道をたどっているからなのです。

これが今の日本における正社員を育てるということ、そして一人前になるということと、給料の関係といってもいいでしょう。

そして教育コストが派遣会社にはかからないために、教育コストを掛ける分、給料を下げていた面では給料を下げる必要がなくなるので、そのまま給料は高いまま維持できるのです。

派遣は一つの仕事に対して提供される

派遣のスタイルですが、派遣というのは一つの業務に対して技術を提供するといった人材になります。

未経験でも応募できるという案件もあるかもしれませんが、大半は即戦力となる人が応募できる案件が多いでしょう。

そのために、派遣会社としてはできることをすぐにでもやってもらうというスタイルを取っていて、教育は一切しないのです。

教育面でコストをかけないで部分的にその人の得意なスキルや持っている技術を活かして採用していることになりますので、その点教育コストがかからない、時給が高くなるといった仕組みになっているのです。

だから元々給料が高いことが多いのです。