派遣社員での雇用契約期間について

派遣会社の社員という働き方をしている人が増えています。

それだけ企業にとっても需要が高い働き方ですが、景気の影響から派遣という働き方も定着しつつあるのです。

派遣会社の社員としてこれから初めて働こうと思っている人は、前もってある程度は知識を入れておいたほうがいいでしょう。

どれくらいの契約期間なのか、例外はあるのか、これから働くにあたってわからないことを解消しておきましょう。

派遣社員の契約期間は?

働く上で契約期間がいつまでなのか、それは大事なことでしょう。

実は2015年に、派遣法という法律の改正がありました。

この派遣法には派遣で働く上で大事な法律がたくさんあるのですが、簡単ではないと思われている契約期間も、意外と知っているとそれほど複雑ではないのです。

派遣の中で契約期間がそもそも設けられている雇用タイプは、登録派遣と、紹介予定派遣の二つだけです。

登録型派遣では契約期間が定められていて、これが意外とわかりにくいのです。

紹介予定派遣の場合はだいたい半年で最初に派遣として契約があり、その後双方の合意があれば直接雇用というスタイルに変わります。

登録派遣会社での契約期間は?

登録派遣で働く場合の契約期間ですが、同じ派遣先には最大3年しか就業できないことが決められています。

そして契約は半年、1年といった長期で最初から契約をするわけではありません。

はじめは短めの1ヶ月や、3ヶ月、そして半年といったように少しずつ延長していきます。

中でも一番多いのは3ヶ月更新をしているところが多いです。

そして最大で3年なので、最初から3年というところはまずないというわけです。

3年間働けると保証されていると勘違いして応募している人もいると言われているのですが、それはありませんので気をつけましょう。

最大で3年と決まっているだけで、それよりも短い期間に設定されていることが大半なのです。

ですから、長い期間設定されていると思っていて3年は仕事があると安心している人もいますがそういう考え方ではありませんので気をつけましょう。

ここを間違える人が多いのです。

契約期間の例外について

契約期間には例外があります。

終わる時期が明確に最初からわかっているプロジェクトがある場合には、先程お話した契約期間は関係ありません。

また60歳以上の派遣の人の場合にもこれは例外になります。

産前産後休業や育児休業、介護休業などを取る人の業務に派遣されているというケースでも例外扱いになります。

例外扱いもあるということを理解しておかないと、あとで契約を実際に結んでから話が違うというトラブルになることもあります。

派遣される場合にはどれくらいの期間自分が派遣されるのか、契約はいつまで続くのか、その後はどうなるのか、しっかりと前もって把握した上で働き始めるとあとで後悔や慌てることもないので安心できるでしょう。

なかなか働き始めからそこまで準備している人はいないと思われがちですが、準備をしておいて損はありません。