派遣社員にもいろいろと種類がある

派遣社員という雇用スタイルが定着してきたのはこの10年くらいのことです。

それはでは派遣社員というスタイルはなかったのですが、景気も左右して増えてきたのが現状です。

派遣社員と一言で言っても種類があることを知っていたでしょうか。

意外と知られていないのですが、登録型もあれば常用型もあります。

就職する企業に直接雇用されることを前提にしている紹介予定派遣と呼ばれる雇用形態もあります。

登録型派遣について

登録型派遣、これは派遣している会社に登録をします。

そして派遣先の会社で働くことをいいます。

一番「派遣」という雇用形態で一般的に理解されているのがこの形です。

働いているあいだだけ派遣会社と契約を結んでいる契約方法ですから、実際に働いている機関だけに給料がもらえることになります。

この働き方のメリットは、働く場所、給料、仕事内容といったことが、働く側の自分の希望によって選ぶことが出来るという面です。

しかしデメリットもあります。

デメリットは同じ派遣先には3年しかいられないという決まりがありますので、3年たったらまた違う場所で働かなければいけないというデメリットがあります。

そして契約期間が満了になってから次の就職先がみつからなかったら給料は保証されませんので、無職の時期ができるということになります。

不安定な生活を強いられることになるというデメリットがあります。

常用型派遣について

常用型派遣、これは、無期限で雇用派遣として働くことになります。

それから派遣元に入社をしていますが就職するのはまた別のところは派遣されるという形です。

月給制なので、時給ではないですから、比較的安定した給料がもらえます。

どちらかといえば正社員の働き方に近いと言えるでしょう。

常用型の派遣は、契約期間が満了してから次の仕事が見つからなかったときには、派遣元の会社で働くことや、待機状態としてその場に留まることができるので、次が見つかるまでも給料が出るので、生活が不安定になることはありません。

メリットは派遣元の会社に雇ってもらえますので、福利厚生などもその会社の正社員と同じことになるケースが多いでしょう。

登録型の派遣と比べると生活の安定が保証されている点がメリットです。

デメリットは、働く場所によっても、時間によっても仕事を選ぶのが難しくなるので、派遣として自由に働きたいと思っている人は厳しいでしょう。

そして同じ仕事内容をしていたとしても直接雇用されている常勤と比べると待遇があまりよくないこともあります。

紹介予定派遣について

紹介予定派遣、これは正社員や契約社員といった直接雇用をしてもらうことを前提にして派遣してもらうタイプです。

最長で半年働いて、その間に企業と働く側の双方が希望すれば、直接雇用契約が結べることになります。

そしてそのままその会社で働くことになります。

メリットは、実際に試しに働いてから合っていれば就職をすることが決まりますので、正社員として働く前にその会社と自分が合っているか確かめることができます。

普通の派遣とは違って半年以内の短い期間で登用が決まりますので、働きながらお金をもらって早く直接雇用への道を確立出来るというメリットがあります。

しかしデメリットもあります。

デメリットは絶対に直接雇用してもらったあとは正社員になれるとは限らない点です。

派遣とは条件があまり変わらない契約社員としての雇用、それ以外の雇用形態で働くことになるケースもあります。

普通の派遣と違って内定するまえに先行があるので、仕事がなかなか決まらないというデメリットもあります。

自分にあった種類を探す

一言で派遣といってもこのように種類があります。

自分がこれからどのようにして働いていこうと思っているのか、しっかりと検討した上で自分のスタイルに合った種類を探してみましょう。

求人情報を見ながら探そうと思っている人は、出ている求人はどのタイプの派遣なのか、それも理解しておく必要があるでしょう。

それを理解した上で応募しなければ派遣の種類によって大きく働くスタイルも変わりますので注意が必要です。

思っていた雇用形態ではなかったと、あとで後悔することがないようにしましょう。

2018年問題とは? 改正労働契約法と改正派遣法による有期雇用労働者(派遣社員)の問題
自己破産で借金を免除してもらう債務整理とは